日能研とサピックスの大きな違い

我が家は夫も私も中学受験は経験していませんでした。そのため、現在中学2年生の息子が日能研に入塾する前、中学受験の経験はゼロでした。何も分からない状態で中学受験をしたので、本当に準備不足で息子には申し訳ないことをしました…。やり直せるならやり直したいところはたくさんありますがですが、当時の息子に厳しい受験勉強をさせていたら途中でリタイヤしたと思います。その意味で大きな後悔はなく、今楽しそうに私立中学に通う息子をほほえましく見ています。

息子が入塾したころ、うちの近所では日能研に通うお子さんがメインでした。学校のお友だちの中でも日能研がマジョリティで、うちも迷うことなく日能研にしました。サピックスはそのころは超ハードな進学塾というイメージで、検討もしませんでした。そのころ私の職場のランチトークのメインの話題はやっぱり塾だったのですが、都心に住むお子さんはサピックスをメインに考えていた記憶があります。やはり都心の方はトレンドをキャッチするのが早いですね。あれから4年たった今、うちの近所でもマジョリティはすっかりサピックスです。

個人的な視点ですが、日能研サピックスの一番大きな違いは、塾に勉強をお任せするか、親がしっかり管理するかという点だと感じます。先日、下の娘が使うかも?と思って大事にとっておいた日能研のテキストを半分くらい処分した時に、数学が得意な夫が中身に目を通しながら捨てていたのですが、日能研のテキストはよくできてるんだよねーと感心していました。日能研は渡される本も分厚くて、今どんな授業を塾でやっているのか親にはわかりにくい部分はありましたたが、日能研は基本的に塾で管理してくれたので、親があまり細かく管理をする必要がなかったと思います。先生も1年間固定で、子どもの様子をよく見てくれていました。カリテと呼ばれる復習テストが頻繁にあるので、テストのたびに親が復習を一緒にしてあげる程度で後はお任せで良かった気がします。中学受験初心者の我が家にはちょうどよかったです。6年生になって成績が落ちて来た時には、先生に電話をして、塾での様子を聞いたりしていました。個人塾のようなアットホームな雰囲気もあったような気がします。

サピックスは毎週テキストが渡されるので、今何をやっているのか、何の課題があるのかよくわかります。課題を先生に提出するかどうかは自由なので、基本的には親がしっかりやっているか管理する必要があります。先生も子ども一人ひとりの様子を把握しているようではないみたいなので、とにかく家での勉強がすべてだと思います。

先日子どもたちを連れていったTokyo Global Gatewayでも思いましたが、みんなそれぞれしっかり英語を勉強して来ています。連れてきている親御さんも英語が得意そうな雰囲気の方が多かったです。これからの世の中、学校や塾に任せるのではなく、親が子どもの教育をしっかり管理する時代なのかなぁと思いました。韓国のように超競争社会にはなってほしくないですけれど…。

Tokyo Global Gatewayに行ったときの記事はこちらです。

 

www.rurumi.site

 

気分が乗らない時や暗記に最適!息子の試した15分勉強法

 

世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法

世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法

 

 

中学受験が終わってしばらくした頃の春休み、私は中学に入学後の勉強法を模索していました。息子は英語や社会の暗記科目が苦手そうだっので、何とか暗記が出来る方法は無いかと思って読んだのがこちらの本です。

 

読んだ後メルカリで売ってしまったので、今は手元には無いのですが、簡単に言うと、15分集中して何かに取り組み、5分頭を休めて、また15分集中するという繰り返しが脳にとって効率的な勉強方法との話でした。

息子はこの勉強法が気に入って、早速開始しました。まず机に座るまでがハードルが高い息子には、ちょうど良い気軽な勉強方法だと本人も感じたようで、気分が乗らない時でも、気軽に勉強を始めてくれたのは一番良かったです。長期休暇でヤル気が出ない時や、スランプで落ち込んでいる時などにおススメです。

暗記が苦手だった息子には英単語の暗記が一番ハードルが高そうでしたので、15分だけやればいいんだよーと声かけしていました。そのおかげか、最初の中間テストから、学年で数番という成績は今も変わりません。

ところが…入学してしばらくすると、15分勉強法では追いつかない量の宿題が出されるようになりました。それでも15分勉強法にこだわる息子は、15分勉強法をさらに進化させて、15分勉強したら、5分ゲームをするという方法に変えてしまいました。15分テキトーに勉強したら、ゲームをしても良いと勝手に変えてしまったのですね。もちろんこの方法では、宿題が追いつかなくなり、見兼ねたパパが15分勉強法の終了を言い渡しました。

繰り返しになりますが、この勉強法はヤル気がない時や、集中して暗記をする時にはとてもよい方法だと思います。おかげで息子は暗記の集中方法をマスターしたようで、今では15分にはこだわっていませんが、テスト前には家の中を歩き回りながら声に出して集中しています。中学受験では足を引っ張っていた暗記科目が今は得意科目になりつたあります。

大事なのは、本人なりの暗記方法を見つける事だと思います。その手段のひとつとして試してみる価値はあると思います。

 

娘の受験校選び(3)女子校と共学校

サピック新4年生が始まり、お疲れ気味な娘です。今まで通り塾のない日の放課後はお友だちと遊び、おばあちゃんのうちに帰ったら学校と塾の宿題、私が帰宅して自宅に戻ったらピアノの練習、夕食、YouTube、お風呂、就寝の流れです。3年生の頃とスケジュール的には大きな違いはないのですが、以前は帰宅後の塾の勉強はかなり怠けてました。今は怠けたらついていけない(パパとママに塾をやめさせられる)と思うのか、何とかやっているようです。

昨日はピアノを辞めたいと私に言いに来ました。元々音楽の才能のある家ではないので、趣味程度と思って続けて来ましたが、面倒になって来たようです。私も練習しなさいと言うのが面倒なので、いいよーと軽く言いましたが、こんな簡単に辞めて良いのかな?月1万円の月謝が無くなればありがたいし、その分外食も増やせるし、発表会のドレス用意するのも大変だし、みんなにとって助かるのだけど、どうなんでしょうね。もう少し様子見て決めたいです。ちなみに息子の受験の時は、6年生になるタイミングでサッカーの習い事を辞めました。今は全くサッカーとは縁がないので、サッカーもどれだけ意味があったのでしょうか。運動にはなりましたけどね。

さて、最近は附属校人気と共に女子の間では共学校人気があるそうですね。現在中学2年の息子がまだ4年生で親も何も考えてなかった頃の話ですが、塾の面談で「早実に興味があります」、と話したら、女子との関わりが得意な男子でなければ、男子校が良いですよと言われました。そのせいで男子校に変えた訳ではないのですが、息子は男子校に通ってます。女子の目がないと好きなようにお馬鹿な事も出来て楽しそうです。文化祭の準備が全然進まなくてヒヤヒヤしますが、先生もそこは分かっていて、直前に集中して準備する時間を作っているようです。女子がいなくても特に問題はないですが、女子と話せなくなりそうな事だけは気にかかります。

女の子目線で見ると逆で、男子がいた方が楽しそうな気はします。娘はお兄ちゃんがいるせいで男子の好きな遊びも好きなので、学校の放課後は女子と男子両方と遊んでいます。家に男女たくさん呼んでゲームをしている事もあります。そんな様子を見ていると共学の方が楽しそうだなとは思いますが、今は共学人気で、なかなか入れそうもないですね。共学で附属校なんて言ったら偏差値が凄いことになってます。こうなると親目線では共学は優先事項ではなくなるので、学業がしっかりしている進学校と附属校どちらかで選ぶことになりそうです。

年金ネットで見える老後の生活!我が家の家計はどうなる?

年金ネットで将来の年金額シミュレーションができる事をご存知でしょうか。時々送られて来るねんきん定期便を見ると今までの支払い額を元に計算した金額が記載されていますよね。まだ私たちの年代は微々たる金額です。いつも送られてくるたびにガッカリしていました。50歳未満の場合は今までに支払った金額を元に計算したものなので、低くなります。じゃあ実際どれだけもらえるの?という金額は、年金ネットで確認できます。ねんきん定期便に記載されているアクセスキーや基礎年金番号を入力するとすぐにログインできます。初めてログインしようとした時は、夫のアクセスキーが期限切れだったので、次にねんきん定期便が送られて来るまでは見られないと思っていたのですが、ホームページでIDを送付依頼すれば大丈夫でした。一週間以内で届きました。

早速シミュレーションで計算したところ、夫は月20万円程度、私は月10万円程度でした。私は過去5〜6年パートなのと、時短勤務も長かったので仕方ないのですが、倍も違うんだなという感想です。この他に夫は企業年金が月数万円と、公務員時代の私の共済が月数千円あるかもしれません。夫婦共に正社員だとやはり大分余裕がありそうですね。子どもがいると保育園費や教育費がかかるだけでなく、仕事を辞めたり、時間を減らしてお給料が減り、更に年金まで減るとは…果てしない影響です。

とりあえず老後に向けて、これから時間をかけて月30万円で生活できるようにしないとなりません。今は子どもの教育費がかかるので、生活費は大分スリム化していると思うのですが、子どもたちが自立したら、更に絞って節約を続ける必要がありそうです。

今の生活費はざっとこんな感じです。

住宅ローン 75,000円 

管理費 50,000円

食費 80,000円

光熱費 15,000〜26,000円

携帯 25,000円(4人分スマホ

水道 7000円

掛け捨て保険 7,500円(イデコ、貯蓄型保険は貯金としてカウント外)

教育費 135,000円

(息子中学は年間100万円程度なので月85,000円としました)

医療費 月10,000円

美容費 月5,000円

被服費 月10,000円

夫小遣い 月40,000円 

妻小遣い月10,000円

レジャー費 月10,000円

これ以外にも塾の講習や旅行などのイレギュラー支出もありますが、住宅ローンと教育費が無くなれば、なんとか大体30万円に収まるくらいでしょうか。老後の生活を辛いと感じないように今からできる範囲のがまんに慣れておくのが良さそうです。

東京都の英語村〜行って来ましたTokyo Global Gateway

 

昨日記事に書きましたTokyo Global Gatewayに行ってみました。

 www.rurumi.site

 早めの予約が必要かと思いましたが、今は結構空きがあるようで、数日後の予約が出来ました。場所はお台場で、うちからは電車でちょっと行きづらく、パパに車で連れて行ってもらいました。車だと高速からもアクセスが良く、駐車場も近くにたくさんあるのでとても楽です。寒い中、朝早くからたくさんの親子が来ていました。

最初間違えて裏口から入ってしまったので、一度外に出て、表口から入り直ししました。裏口のローソンの周りにちょっと軽食を食べられるスペースがあるので、そこで腹ごしらえもできます。入口はこんな感じです。

f:id:rurumix:20190210181357j:image

まずは受付をして、説明会の場所で待機します。早めの到着が良いと事前に調べておいたので、30分ほど前に到着しましたが、到着の時間でAirplane体験の時間が変わるだけなので、それほど到着時刻にはそれほど気を付けなくても大丈夫そうでした。事前説明は一部英語でしたが、周りのお子さんは内容を理解しているようで、しっかり勉強してから来ているような印象を受けました。

20分ほど説明を受けると、2Fにある体験会場に移動します。このようなお店や病院が並んでいます。

クリニック 

f:id:rurumix:20190210181411j:image

グローサリーストア

f:id:rurumix:20190210181427j:image

 

ファーマシー

f:id:rurumix:20190210181506j:image

ファストフード

f:id:rurumix:20190210181517j:image

基本的には9つのシーンから5つ選ぶようにとのことでしたが、時間がある限り好きなだけ回ってよいそうで、うちは全部回ることができました。残念ながら親はシーンのお部屋の中に入ることはできないので、窓の外から様子を見守るだけです。1Fのカフェテリアで待っていても良いそうです。

一番英語の難易度が高いのはクリニックかなと思います。自分の病気やケガの症状を説明するのは日本語でも難しいですよね。娘はオンライン英会話を何年かやっていますが、先生と隔週で30分間お話しするだけの気楽な英会話なので、まだ簡単な会話しかできない状態です。クリニックが混むと事前の情報で読んだので、とりあえずクリニックに最初に入りましたが、いきなり難易度が高くて娘は固まってしまいました。もっと簡単なグローサリーストアやファストフードで慣らしてから、最後にクリニックに挑戦した方がよかったかと思います。息子は中学2年生でいろいろな単語を知っていますし、オンライン英会話で外国人の先生にも慣れているので、どのシーンでも問題なく話せたようです。

Airplaneだけは、時間が決まっているので、その時間になると集合場所に行きます。集合時間が近づいたら、体験しているお部屋にいるスタッフの方に伝えるとちょど良いタイミングで会話を切り上げてくれます。

基本的には海外旅行でするようなちょっとした会話の練習ですが、海外との一番の違いは、相手が親切に話を聞いてくれることですね。海外では手短にしっかりと伝えないと後回しにされてしまったりするので、ここで練習してから海外旅行でチャレンジすると良いかなと思いました。

全ての生活シーンを体験した後は、フリースペースにいるスタッフの方と会話して、スペシャルスタンプをもらうこともできます。全部集めている子もいました。

終わった後、子どもたちはそれぞれ楽しかったことや先生にほめてもらったことをたくさん報告してくれました。またぜひ行きたいそうです。子ども1人3,500円、付き添いの保護者1人につき1,000円かかるので、お金はかかります。もう少し自宅から通いやすいところにあればもっと行きやすいのに…とは思いますが、また英語を勉強して、力試しに時々行きたいと思っています。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

Tokyo Global Gatewayとサピックス新4年生授業開始

 

寒いですね。今週末は東京都の英語村というTokyo Global Gatewayに行く予定をしているので、雪が心配です。この施設は昨年知り合いに聞いて存在は知っていたのですが、ホームページを見ても内容がよくわかりませんでした。とりあえず定期的に通うものだと思ったので、うちには無理だと思って特に気に留めていませんでした。ところが最近、息子が学校の先生にキッザニアの英語版みたいなものらしいよ、と聞いてきて、初めてその概要を知りました。今回申し込んだのはこちらです。飛行機の中、レストラン、病院などの設定で英語を使って簡単なミッションをクリアするようです。詳しくはこちらを見るとわかりやすいと思います。

英語で体験する5つの生活シーン | TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)

学校でも連れて行ってもらえるようですが、結構費用がかかります。交通費や食事代、引率の先生もつくので仕方ないですよね。調べたところ一般参加は3,500円となっていたので、その場で思わず申し込んでしまいました。一度行っただけで英語が上手くなるわけではないのですが、英語を使うことが楽しい!と頭の中でインプットされれば、がんばって勉強してくれるようになるかなと思っています。

さて、サピックス新4年生の授業が開始しました。帰りに駅まで迎えに行ったところ、今までサピックスに通っていなかったお友だちと一緒に歩いていました。やはり4年になると通塾が増えますよね。同じαのクラスでも4年から初めてサピックスに通い始めた子たちがたくさんいたそうです。私立中学に通う息子の時は4年から日能研に入塾したので、あまり考えたことはありませんでしたが、後からの入塾者に成績を越されるプレッシャーって大きいですね。しかもいきなりαデビューがたくさんいるなんて、今まで払った塾代を考えると悲しいような…。うちの場合いきなりαなんてことは絶対になかったと思うので、3年生の塾代は必要経費だったのでしょうければ、もともと頭が良い子は後から始めても簡単に追いついてしまうし、塾によっては特待制度もあるし、お金がかからなくてうらやましいです。うちのような家庭はコツコツと小さな努力を続けるのみです。

小さな努力といえば、最近「筋肉体操」が良いと知り合いから聞いて、毎日1~2回分YouTubeを番組を見ながらトレーニングしています。

知らなかったのですが、紅白にも出ていたのですね。スクワットは特に効くようで階段を昇るのがびっくりするほど楽になりました。勉強でも節約でも、小さな努力の継続が何よりも大事だと思います。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

娘の受験校選び(2)大学受験改革と附属校人気に思うこと

 

最近は大学受験改革の影響で附属校人気が続いているそうですね。息子の通う私立中学でも高校に進学する親御さんむけに新しい試験の説明があったようです。私も何となく聞いて知っているけれど、何がどう変わるのか詳しくは知らないので、調べてみました。こちらのサイトはわかりやすく説明してくれています。

【新入試Navi】センター試験廃止で変わる!大学入試 | 変わる大学入試! - 新入試Navi - | 受験・進学情報 | 大学受験の予備校・塾 河合塾

要は、従来の暗記中心の形式からから思考力中心の形式になるのと同時に、より実用的な英語力を見るようですね。私自身の受験の時、英語のセンターはほぼ満点で、英語には自信がありましたが、実際仕事で使うとなると、最初は全く思うように会話ができず、とにかく恥ずかしい思いばかりしていました(今でもですが…)。周りを見ていても、自由に英語を使える人は少ないと思います。より実用的な英語を使うためには、やはり読む、聞く、話す、書くの4技能をまんべんなく鍛える必要があり、少なくとも英語については、良い流れだなとは思います。特別な勉強法はないので、日々の努力を継続することが一番大切かと思います。

思考力については、私自身も仕事で、思考力の低さを日々実感しているので(汗)、やはりこれから大学受験する子どもたちは大変だなと思います。思考力といえば公務員試験で勉強した数的推理を思い出します。私はこれが大の苦手でした。数字が得意な夫は勉強もしていないのに簡単に試験に合格していてました。こういうのも小さいころ数字と慣れ親しんでおくと良いのかもしれませんね。そろばんや公文、読書などの基礎トレーニングはやっておいて損はない気がします。

息子はまだ中学2年生なので特に保護者会では詳しい話は出ていませんが、息子の私立中学はこのような情報をいち早く入手して、保護者に共有してくれますし、今から英検だけでなくGTEC受験を学校で実施してくれているので、ある程度は学校のやり方にしたがっていれば大丈夫そうだと安心しています。

 附属校についてですが、うちから通える範囲内に附属校はいくつもあります。やはり大学受験がないというのは魅力ではあります。お子さんが附属校に通っている親御さんもやっぱり受験がないのは楽だよと言います。最終的には本人が大学受験をして行きたい大学にチャレンジしたいという気持ちを持っているかなのでしょう。その辺は娘の様子を見ながら判断したいと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村