rurumixのブログ

私立中学3年の息子とサピックス4年生の娘を育てるワーキングマザー。息子の日能研での中学受験から現在通う私立中学の生活、娘のサピックスライフについて思うことを書いています。節約と投資のあれこれも。

サピックス新4年生コース決定と保護者会

サピックス保護者会に行って来ました。サピックスは4年生から受験モードなんだなぁと強く思いました。日能研は4年生は学習塾感覚でしたから、もう最初からゴール設定が違う感じです。

一番印象に残ったのは、早めの動き出しが大事だという点です。息子の中学受験を終えて一番の反省点が準備不足だった事だったので、やっぱり、と思いました。息子の反省点を踏まえて今回は早めに動き出したのはとりあえず正解だったと思います。今のところ思った以上の成績です。ただ4年生夏期講習から塾に通う日数も多く、夏休みの旅行をのんびり出来る事はもうないのかと考えると心がずーんと重くなります。私立中学に通うメリットは息子を見ていて十分承知していても、やはり子どもがまだ小さくて一緒に楽しく遊べる今しかない時間を勉強優先で過ごすのは悲しいです。それでも子どもの人生がかかった問題ですから、皆さん迷いは無いのかも知れないですね。受験から2年たって毎日楽しく学校に通う息子を見ていても、時々あの憧れ校に行かせてあげられなかった親としての不甲斐なさを思い出します。親も辛くても頑張る時は必要なのでしょう。

もう一つ印象に残ったことは、親としてやってあげられることは勉強を教える事ではなく、子どもが自分の力で考えられるように環境を作ってあげる事だという点です。自分自身がそうですが、暗記中心の勉強をしてきたので、思考力を必要とする仕事になると手が止まりがちです。難しい問題になればなるほど思考が止まります。受験だけに限らないことですが、難しい問題を自分で解決しようとする強い心と諦めない気持ちはいくつになっても必要なスキルですね。そのためには親は教えたい気持ちをぐっと我慢して見守ってくださいとの事でした。

驚いたのはサピックスでは計算力を重視している点です。息子が思考問題中心の学校が得意だった理由が分かりました。計算力勝負だとサピックス勢に比べて完全に不利だったようです。新4年生が始まるまでの時期を割り算の計算にあてると良いそうです。低学年の方はやはり公文かソロバンが良さそうですね。

そして、コース基準が発表されました。娘はα2でした。上から2番目のコースです。後3点でα1だったので惜しいところでした。娘の課題は計算力と国語の簡単な選択肢を間違えるところです。まだ受験まで先は長いですので、適当に気を抜きつつ頑張ろうと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

結果が出ました〜新4年生組み分けテスト

先週受けた新4年生組み分けテストの成績が出ました。

自己採点とほぼ変わらず、偏差値は60前半でした。

コース基準はまだ出ていないのですが、前回の組み分けテストでは偏差値50後半で、上から2番目のクラスでしたから、また同じくらいかもしれません。今回から新4年生になって更にクラスが増えると思うので、現状を維持するだけで大変です。何となくの感覚ですが、2年前の息子のころよりも中学受験そのものが大変になっている気がします。息子は日能研だったのでサピックスとは全然状況が違いますが、6年生になるまでほとんど家で塾の勉強をしたことがなくても、2クラスあるうちの上のクラスを維持していました。サピックスを見ていると、3年生からしっかり家での勉強をがんばってやっと現状が維持できるかな、くらいの状態です。そこがサピックスの合格実績のゆえんなのでしょう。娘がこれから3年間サピックスでがんばれるのかはわかりませんが、とにかくコースを維持するだけでも大変そうだということはこの1年で理解しました。辛くなったら中学受験をやめてもいいし、転塾してもよいと親は思っています。

 

娘は算数が得意なようで、実力テストになると、大体算数の偏差値がよく出ます。復習テストだと答えを覚えているのか、国語が得意です。次回は復習テストなので、そろそろテスト範囲のデイリーとチャレンジをやり直ししないといけない時期なのですが、今回は結構範囲が広いですよね。3年生ですでに親がめげそうです。

 

思い返すと、サピックスを始める前の娘の国語はそれはもうひどい状態でした。2年生くらいのときに市販の問題集を買ってやらせたところ、見事に0点で、親を驚かせてくれました。その後は、毎日継続して読み取りの問題集をやらせることと本をたくさん読ませることでなんとかサピックスに入塾もすることができ、今に至っています。人間努力である程度はどうにかなるものですね。努力を継続できるかが大事なのでしょうね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

過去1年間の収支をやっと計算できました

先月2018年の節約の成果を確認するために、2017年12月の貯金額と比べようとしたところ、当時の貯金額を確認しておらず、1年間の成果を比べられなかったという出来事がありました。

↓こちらの記事です。

 

www.rurumi.site

 

2017年当時私が贅沢にお金を使っていたということは全くないのですが、積極的に管理をするという意識はなかったと思います。必要な費用は払うしかないし、必要なものは買わないといけないし、という気持ちでした。時々貯金額を確認して、あぁ全然貯金が増えてないなぁくらいの気持ちでいました。それが、娘がサピックスに通塾することになり、長男に続いて長女まで私立中学に行くかもしれないという事態に、これはなんとかせねば、と思い立って始めたのが今の節約生活です。

以前にも記事にしましたが、住宅ローンの交渉、携帯契約の見直し、などの固定費用の見直しだけでなく、株投資やiDeCo、クレジットカードを利用したポイント、メルカリ、商店街の商品券の抽選応募などの細かい努力も行いました。何が一番効果的だったかはよくわかりませんが、おそらく日々の節約意識が一番大切なのかもしれません。例えば、以前は1度に5万円を銀行口座から下して、なくなるまで使う形にしていましたが、面倒でも、週1回銀行に行き、2万円だけ下して、なるべるその中で1週間やりくりするなど、現金を使わないよう心掛けています。マネーフォワードで支出があるたびにメールが届く設定にしているので、メールが来るたびに、これは必要な支出なのだろうか、と考えるようにもしています。子どもたちも私の様子を見て、シャワーの水量を気にしたり、欲しい本をメルカリで買うなど家族全体で支出に対して意識を持つようになりました。

週に1回は必ず外食していますが、今までと違い、週1回しか行けないなら全員が満足するところに行こうという意識で、外食先は毎回家族で真剣に吟味しています。適当に近くのファミレスに思いついて出かける、ということはなくなったので、回数は減っても、満足度は上がった気はします。持っている株の株主優待券が足りなくなると、金券ショップで株主優待件券を買ってくることもあります。

そんなこんなで、職場では私はすっかりお得なキャンペーンに詳しい人という扱いになってしまいましたが、それをきっかけにお互いに新たな情報交換もできるのでそれも良いかと。

こんな細かい努力が実を結ぶのか?と自分でも半信半疑でしたが、成果はあったようです。昨年の1月と比べて230万円以上貯金ができていました。

株の含み損(30-40万円くらいです)がなければ、もっと貯金できましたが、株を始めたことで勉強して、金融の知識が増えたことは良かったと思います。今年から楽天証券のつみたてNISAに切り替えますが、まだ夫や子どものNISA枠もありますし、今ある含み損を解消すべくほそぼそと続ける予定です。今週は年末の暴落時に買った三菱商事日経平均ブル2倍で数万円の利確をしたので、含み損はすこーし減りました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

 

最初気になる息子の生活態度

息子の成績は今のところ順調ですが、最近気になるのは就寝時間です。学校からも入学当初から就寝時間について厳しく言われています。学校では定期的に就寝時間アンケートを実施していて、成績上位層、中間層、などと成績で分けたグループごとの就寝時間を公開しています。上位層で多いのは23時〜23時半就寝です。息子を見ていて思うのは、勉強をする良いリズムが出来ているときはさっさと勉強して、空いた時間にゲームや好きな事して、さっさと寝るという好循環があります。逆にリズムが崩れている時はダラダラとゲームをしてなかなか勉強を始めなかったり、遅くなってから、宿題が終わらず、寝るのも遅くなります。長期休暇はそれも許容しますが、平日はこちらの生活リズムもありますから、きちんとしてもらいたいです。

勉強する時間帯は夜派と朝派があるようで、早いお友だちは22時くらいに寝て、朝5時頃起きて学校で朝勉強する子がいたり、うちの子のように夜にならないとやる気が出ない子もいます。子どもの話を聞く限り、朝派と夜派どちらが成績良いと言うことは無いように感じます。

就寝時間が遅いとどうしてもダラダラしてしまい、勉強しないままその日が過ぎてしまったり、睡眠時間が足りなくて集中力に欠けるのでしようね。学校からも注意をしてくれてありがたいと思います。

最近の息子はさっさと勉強するところまでは良いのですが、寝る前の空き時間にゲームします。そのゲームがなかなか終わらせられず、寝るが遅くなっているようです。今までは最後寝るまで見届けてから私も寝てましたが、最近私が先に布団に入るようになり、遅くまで遊んでいるようで朝ちゃんと起きられません。親がどこまで管理するべきなのか迷いますが、やはりここはうるさく言わないとズルズルと成績に影響が出る気がします。そろそろ自立して欲しい年齢ですが、生活リズムについてはまだ親が目をつけてないとダメそうです。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

サピックス新4年生組み分けテスト自己採点

娘は4月から4年生です。この間息子の受験が終わったと思ったのに、もう娘の受験準備とは早すぎます。それでも今回は早めに準備をして受験本番を少しは気楽に迎えたい一心で娘には口うるさく宿題チェックをしています。そのせいで子どもたちに勉強おばさんと呼ばれる始末です。でも構いません。受験期に体調を崩すのは(私が)もうごめんです。今回は早めの準備をして、少し高めの学校を目指しつつ、目標校より少し下の学力にあった学校に通う事を目指しています。娘の中学受験が終わった1年後は息子の大学受験ですから、親子共にエネルギーを節約して臨まないと体力が持ちません。

 

現在の娘はサピックス偏差値50後半から60前半です。過去5回テストの2科目の平均偏差値は57.5です。昨年はこの辺りの偏差値の学園祭を回ってみました。浦明、吉祥女子、少し背伸びして、JGも行きました。どちらも自由で楽しそうな雰囲気でした。娘は校庭の広い学校を探しています。兄の中学の体育祭が大好きで朝一から最後までずっと見ているくらいです。一度目の前で棒倒しをしている男子生徒さんのパンツが脱げてしまった時は大笑いしてました。そんな迫力満点で笑いもある体育祭希望みたいです。でも、女子校で校庭が広くて体育祭が盛り上がるところを探すのが大変そうですね。どんなところが良いでしょうか。今年は都立中高一貫も覗きに行く予定です。

 

1月14日の新4年生組み分けテストは、特に対策はしていません。本当はいろいろやらせたかったですが、冬期課題を終わらせるのでやっとでした。念のため前日にサピックスではない読み取りの問題集をやらせたところすっかり解き方を忘れていてヒヤヒヤしています。

 

自己採点では算数122点、国語105点です。国語の記述はよく分からないので、半分で採点しました。一度一番上のクラスに上がってみたいですが、とりあえず上から2番目の今のクラス継続だと嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

息子の中学受験期の様子(10)その後

1月からの長いようで短い戦いを終えた後は息子は思い切り遊んでいました。毎日ゲームやYouTubeアマゾンプライム、などなど我慢していた遊びをやりつくしたようです。それでも、進学予定の学校から出た宿題は意欲的にこなしていました。今回の受験で世の中には自分の思う通りにならないこともあるんだと学んだのだと思います。自分の目標にたどり着くにためには、ある程度の努力が必要だと自分なりに理解したのでしょう。受験直前までほとんど家で勉強することもなく、なんとなく塾に通い、そこでまあまあの成績をとっていましたから、もし奇跡的に憬れの学校に合格してしまっていたら、人生なんて適当にやれば何とかなると思ってしまったと思います。息子にとっては良い人生勉強になったと思います。入学式でも喜びに欠ける様子でしたが、だんだんと周りのお友だちも同じように大変な経験をして来たんだと分かり安心したようです。

中学に入ってからは、学年の順位で一けた台の成績をキープしています。今でも勉強量はあまり多くないのですが、親が口を挟まなくても最低限やるべきことは集中して終わらせているようです。もう少し勉強してくれると母は安心ですが、きっとガリ勉できない体質なのでしょう。英語だけは日々の努力が大切なので、私が口うるさく発音や文法をチェックしています。おかげ様で中2の秋に英検準2級合格し、今のところ問題なく進んでいます。

また、進学校は授業の進度が早いので、大学受験には相当有利だと思います。学校の授業そのものが塾の授業と同じように感じます。学力の近いお友だちとの競争意識もプラスに働いているようです。教育に対する考え方は人によるとも思いますが、公立中学に通い、塾に通って年間100万円くらい支出するのであれば、高校受験のない中高一貫の私立に行くのも選択肢のひとつではないかと思います。また私立では今まであったことのないような裕福なお友だちや、立派な職業の親御さんを持つお友だちの話を聞いて、自分の将来について早いうちに考えるなどお友だちから良い刺激をいただいているように思います。

性格の面では、あけっぴろげの性格だった息子が中学受験を経験して、思慮深い性格なりました。小学校の友だちに受験のことを散々聞かれて嫌な思いをしたせいもあると思いますが、人には言いたくないこともあるんだと学んだようで、家族や友だちの気持ちを配慮した発言をするようになりました。

親としての反省点は本を早めに好きにならせる努力をしなかった事ともう少し勉強を強要すべきだった事、早めに学校選びをしなかった事です。

それでも私立中学を受験して本当に良かったと思っています。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

息子の中学受験期の様子(9)2月校最終日

とうとう2月校も最終日になりました。それまでの様子はこちらをご覧ください。

 

www.rurumi.site

 

 

www.rurumi.site

 

 

www.rurumi.site

 もともとは4日校まで戦う予定でした。はっきりと覚えていませんが、4日校も出願していてような記憶はあります。5日間最後まで戦い抜いているお友だちもたくさんいたようですが、親子ともに3日間戦い、十分と思いました。思っていた以上に気力と体力を使いますね。後日入学をした後に知り合ったお母さんと「受験は大変でしたね」なんて立ち話をしたとき、「お互い、もう二度と経験したくないですねー」、と話をした覚えがあります。あの時はそう思っていたのに、2年後に娘とまた戦うなんて…本音は避けたい気持ちでいっぱいです。でも本人がやりたいと思うなら仕方ないですよね。次回は息子の時のようなばたばたを避けたいので、もう少し準備して臨むつもりですが、実際はやはりばたばたしてしまうのだと思います(涙)

 

3日目は1日午前中と同じ憬れの学校に再チャレンジしました。3日目は1日目より偏差値がさらに上がるのでこちらはもともと期待はしていませんでした。1日目と同じく待合室も広くて問題なく、試験後の合流も混乱なく無事に午後受験の会場に到着しました。ここまでは問題なかったのですが、到着して持参したお昼を食べた後に息子がトイレに立ったまま戻らなくなってしまいました。これまでの経緯からさすがに息子も疲れて試験を受けたくなくなったのかと私は勘違いして、会社にいた夫に電話をしてすぐに来てもらうように伝えました。日能研のスタッフの方にも電話をして相談したところ、ここは最後まで受けないと後で後悔するかもしれないのでしっかりしてください、と言われました。私の中ではすでに入学金も支払った併願校に気持ちが傾いていたので、このまま試験を受けずに家に帰ろうかと思い始めていたのですが、日能研のスタッフの方に力強く言っていただき、ありがたかったです。夫もすぐに駆け付けて試験前の息子を励ますことができました。

ところが…後で息子に聞いたところ、単純にトイレが長引いただけだったそうです。完全に私の勘違いでしたが(汗)、この時の日能研の対応はとても素晴らしかったです。本人の意思で娘は今サピックスに通っていますが、受験が近づいたら日能研をまた検討するかもしれません。

そして全ての試験が無事に終わり、帰宅途中に息子はパパにDSを買ってもらいご機嫌に帰宅しました。憬れの学校はやはり不合格でした。全部の結果が出そろったところで息子は2月に合格をいただいた学校に進学を決めました。長いようで短い熱い戦いが終わりました。試練を乗り越えて息子はいつのまにか大きく成長していました。息子の成長した様子はまた記事にします。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村