rurumixのブログ

私立中学3年の息子とサピックス4年生の娘を育てるワーキングマザー。息子の日能研での中学受験から現在通う私立中学の生活、娘のサピックスライフについて思うことを書いています。節約と投資のあれこれも。

私立中学に通って良かったこと(4)学業以外の経験

 

多くの私立中学がそうだと思いますが、入学してすぐに宿泊研修がありました。息子曰くあまり綺麗な宿舎ではなかったそうですが、楽しかったそうです。バーベキューをした時は急いで食べてしまった子どもたちのお肉が生焼けだったせいか、何人もお腹の調子が悪くなったそうで、みんな元気な子たちだなぁと思った記憶があります。最難関が残念だったお子さんも多く、息子も静かにスタートした中学生活ですが、入学してみると、みんな辛い受験を乗り越えてきたとは思えないほど元気いっぱいで、一昔前のガリ勉は大人しいというイメージはすっかり逆になりました。最初の頃は高校受験でリベンジという話もちらほら聞いたようですが、今では皆さんすっかり学校に馴染んで楽しく生活しているようです。中高の学歴はそれほど就職には影響ないと思いますし、私も大学受験で頑張ればそれで良いと思います。前にも記事にしましたが、私立中高一貫は大学受験に向けた勉強をしっかりしてくれるので、親も安心してお任せしてます。

ちなみに以前、長期休暇中に先取り学習をさせるにはどのような英語の教材がオススメか先生に聞いたところ、学校の授業進度が既に早いので、習ったことを定着させるのが一番だとお答えいただきました。もし学校の進度が遅いと感じるならこの辺の本がおススメだそうです。または英語の小説も良いそうですが、さすがにまだ難しいようです。

 

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

 
総合英語Evergreen

総合英語Evergreen

 

山登り体験の時は、10万円くらいかけて登山用具を揃えるほど本格的な登山を経験しました。登山が好きな親でもなければ、本格的な登山を経験するのはなかなか難しいと思うので、学校でさせてくれる体験はありがたいです

他にも日本の伝統芸能鑑賞会、伝統芸能体験会、オーケストラ鑑賞会、フレンチコース体験、スキー教室などいろいろあるようです。多分私が把握してないものもたくさんあると思います。特に私が良いなと感じたのは、日本の文化をいろいろな形で経験させてもらえる事です。グローバル化が進む中で、日本の文化に興味を持つ外国人が増えているので、これからの時代の日本人は自分の文化を説明できる事が大事だと思います。私は逆で外国の文化を勉強してしまいましたから、中途半端になってしまいました。今からでも日本の文化を勉強したいと思ってます。

高校受験のための勉強がない分、余裕のある時期に受験以外の事を経験させていただけるのは中高一貫ならではの良さですね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

私立中学に通って良かったこと(3)保護者の視点

 

子どもが保育園に入ってから、小学生の頃は特に、私の心には常に靄がかかった状態でした。それは保護者の会やPTA、子ども会などの存在のためです。保育園の頃はまだ良く、ワーキングマザーが主体なので、活動も限られてましたが、小学生になると、活動は平日メインになります。私の住む地域ではまだまだワーキングマザーは少なく、「仕事だから平日は…」のような言い方は絶対NGでした。また、小さな役をやっておかないと本部役員の抽選対象になるので、小さな役の争奪戦になります。選出の日は朝から緊張マックスでした。PTAだけでなく、地域の役員もあり、地域役員は地域の方との兼ね合いもあって、夜の会合があったりと、PTAよりも大変です。地元の公立中学に進んでも同じような状況は続くと聞きました。小学校と比べて中学の方が生徒数が多いので抽選であたる可能性は低くなるようです。

私立中学でも保護者会のようなものはあると思いますが、自発的に活動している印象があります。活動も小学生の頃より気楽で、たまに会合に行くとお土産までもらえて、学年の違う方から情報ももらえる、と言っている方がいました。何より無償労働の大役を無理矢理抽選で選ぶというありえない事がもう起きないと考えるだけで、私の心に10年ぶりに日が差した思いでした。私も実際PTAのために仕事もセーブしてますし、一度仕事を辞めたことすらあるので、これでやっと私も自由になれるかもしれないと考えると高い学費も苦にならない気がします。

小学校だと家も近いですし、地元のしがらみや元々仲良しの保護者の方もいますから会話には気を使いますが、私立中学だとサバサバした関係になるような気がします。たまに保護者会で会って情報交換して、ささっと帰るという気楽な関係です。仲良くしていただけるお母様もいますが、強制労働がない分、知らないお母様と親しくなる機会は少ないかもしれません。でも中学生ともなればある程度自立してますから、ママ友ネットワークがなくても子どもには影響はありません。ママの世界と子どもの世界は別ですから。

PTAという特殊な環境から解き放たれた開放感は、私にとって私立中学に通わせる一番のメリットな気がします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

イデコ運用状況とつみたてNISAに迷う

 

昨年末からの株価低迷の影響で、私のイデコはマイナス運用です。60歳までにプラスになっていればよいのですが、マイナス運用を見てよい気分はしません。始めたタイミングが昨年中頃だったので、ちょうど一番高い時に始めてしまったためだと思います。教科書どおりに行くと株の割合は100マイナス自分の年齢くらいが良いそうですが、割合を決める際に怖くなり、株40%、債券60%にしました。そのおかげ?か、現在のマイナスはまだ許容範囲内です。

f:id:rurumix:20190129084621j:image

これから景気の先行きが曇り空の中、どのように運用すべきか迷っています。初心者はやはりどんな時でも同じペースで買い続けるのが一番のリスク回避だと思いますが、マイナス運用を見ていると、本格的な景気後退の前に一旦元本保証の商品に変えるべきか迷います。インデックスに投資しているので、物価上昇と同じペースで上下しているなら損はないのかも知れませんし、安い時に買わないと一生利益を出さずに終わってしまいます。そのため基本は継続の予定です。それでも、自分のリスク許容値を超えそうなら一旦一部を元本保証に変えても良いかなと思っています。

株でも投資信託でも、自分のリスク許容値がどこまでなのかで、投資方針が決まるような気がします。お金が際限なくあれば下がった時でも上がるまで買い続ければ損はしないはずですが、実際には資金は限られてますし、ある程度以上投資に回すのは恐ろしくて耐えられません。今回の株安で、自分のリスク許容値がなんとなく見えた気がします。

イデコだけでなく、今年からつみたてNISAに切り替えて積立を開始したのですが、一旦停止しました。景気の先行きが見えないのとイデコのマイナス運用を見て、自分のリスク許容値と相談しながら再開予定です。

その前にNISAの含み損も解消しなくては…。損切りか塩漬けか悩ましいですが、大きな会社の株を買っているので、さすがに会社が無くなる事は無いと考えたら、慌てて売らなくても良いかと思ってます。マーケットとの適度な距離感も必要ですね。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

 

私立中学に通って良かったこと(2)友だち関係

 

先日は成績面で私立中学の良さを書きましたが、今回は友人面で良いと思った事です。

まずは成績が良いことが友人関係の中でマイナスにはならない事です。地域的な事もあるのでしょうけれど、息子も小学生の時は中学受験しないグループから時々からかいのように「今日は勉強しなくていいのー?」などと言われたりしていました。私自身も公立中学時代を思い出すと、成績の良い子が小さくなっていた記憶があります。当時は中学の内申は相対評価だったせいかもしれませんが、成績の取り合いのようなイメージで、成績が良いと肩身が狭い思いをしたような…公立高校に入った後ですら、部活や文化祭に燃えていないと、生徒同士だけでなく、先生からもネガティブな発言された事があります。私の行っていた公立高校は伝統が長く、特別しがらみが多かったのかも知れませんが、自由に自分のやりたい事をやりたい…!とその時は思ったものです。

その点私立中学は自由です。成績の良い悪いは友人関係に何も影響がないですし、内申がない分、先生の目を必要以上に気にせず自由に振舞っている感じが良いです。逆に成績が良い子に対しては凄いなと思っているらしいところが、爽やかで学生らしくて良いなと思います。成績に限らず、自分の得意な事は単純に尊敬の対象になるのが良いですね。私もこんな学生時代を送りたかったです。

ただ自由な学校に通っている方から話を聞くと自由過ぎて学業面で成績の下降を心配されている場合が多いなと思います。子ども目線で自分の学校を選ぶなら自由な学校に行きたいですが、親目線で選ぶならある程度学校が監視して欲しいと思ってしまいます。

また、小学生時代と比べて、個性の強いお友だちが多い印象です。これも内申と関係するのかも知れませんが、それぞれ自分らしさを表に出していて面白いです。息子も自分らしくて良いんだと思ったようで、人目を気にせずに自分らしく振る舞うようになりました。

その他私立中学特有なのはお金持ちのお子さんや、立派な職業の親御さんが多く、将来について考える事も増えたようです。お友だちのお父さんやお母さんの仕事内容やお給料を聞いてきて、自分で更に興味を持って調べたり、この職業はこのくらい貰えるのかと感心したり、世界を見る目が広くなったように感じます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

我が家の英語勉強法

 

今日は英検ですね。息子は前回準2級に合格したので、さすがに2級にチャレンジする費用が勿体ないということで今回は見送りです。中学のお友だちもたくさん受けているそうです。

私は英語では日本で一番高いというわれる大学の出身です。何度も転職をしましたが、この大学の英語学科出身なら英語は問題ないだろう、と英語チェックもせずに採用していただけることも多く、ほそぼそとでも仕事を続けていられるのはありがたいことです。これからの世の中英語なんて当たり前になる時代だとは思うので、大したことではないのですが、英語が苦にならずに海外との交渉や電話会議もできますし、海外旅行中に問題が起きた時は、英語ができるって便利だなーとよく思います。旅行中に知らない人と英語で世間話することでも世界は広がるので、英語は本当に便利なツールだと思います。日本で日本人とだけ会話していると知ることのない考え方に触れるのは刺激があります。

英語が母国語の人は苦労しなくてもみんな英語を話せているように、才能があるから英語ができるわけではないと思います。単純に英語を聞いて使う量の問題だと思います。よく英語の勉強法を聞かれるのですが、「勉強法」というより英語に触れる機会を増やせば単純に成績は伸びるのだと思います。

もちろん単語や文法はみんなと同じように泥臭く覚えていかなければならないのですが、覚えたことをキープするには、生活の中で使っていくのが一番ですよね。でも日本にいたら生活の中で使うのは難しいです。

そのため、私は常に英語の音楽を流したり、映画やドラマを見たりしています。アマゾンプライムは年会費たった3900円(税込み)で音楽も映画も見放題なのは素晴らしいと思います。外で歩くときは英語の歌を聞き、家で時間があるときや通勤電車の中は常に英語の映画を見ています。やはりアウトプットも必要なので、オンライン英会話のQQ Englishを利用しています。こちらは月会費が3,685円(税抜き)と格安です。この価格で通常レッスンなら週2回可能ですが、私は週2回もレッスンする時間がないので、ちょっと難しい内容のレッスンを選んでいます。その場合は、レッスン単価が倍になるので、そちらで週1回利用しています。

オンライン英会話ならQQEnglish!スカイプで高品質のレッスンを格安に

子どもはもっとお安いリップル英会話を利用しています。週1回で2838円(税抜き)で、兄弟で利用も可能なので、息子と娘で隔週でレッスンしています。

子供専門オンライン英会話【リップルキッズパーク】(子ども向け英会話)

こんな感じで塾に高い学費を払わなくても、簡単に英語力は伸ばせると思います。でも、モチベーション維持のために、たまには海外旅行に行きたいなーと思う今日この頃です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

私立中学に通って良かったこと(1)学業面

 

 先日サピックスの保護者説明会に参加して、受験の大変さを思い出しました。前回の長男の受験は日能研でしたが、娘はサピックスで、長男の受験より更に大変になりそうな気がします。日能研は受験直前までは受験を意識せずに楽しく続けられたのですが、サピックスは最初からエンジン全開という感じでしょうか。のんびりしていた分前回の受験では私は体調を崩すほどヒヤヒヤしました。どちらが良いとは一概に言えないですね。サピックスの厳しさに途中脱落もよくあるそうですから、息子の場合は日能研でないと続かなかったと思います。先日受験から2年たって、息子がポロっと言いました。「あの憧れ中学に落ちた理由は社会なんだよね。他は出来たけど、社会は出来なかった」うーん、それを聞いて、これは完全に準備不足だったと思いました。息子は暗記科目がそれほど苦手ではないので、今は文系科目のほうが得意なくらいです。先日のサピックス説明会でも早めに行きたい学校を決めてくださいと言われました。確かに早めに学校を絞ってその学校に入りたい!というモチベーションを維持するのが受験の辛さを乗り切る最善の策をかも知れませんね。

必死に頑張った結果ではないものの、それでも今の学校には満足しています。逆に憧れの学校にミラクル合格してたら今ごろ息子の成績はどうなっていたか…と思うくらいです。

 

まず良かったことは、成績が安定した事です。常に課題に追われていて、毎日コンスタントに勉強しないと終わらない量の課題が出ます。おかげさまで、毎日同じ時間に机に向かう習慣がつきました。長期休暇中もしっかりスケジュール管理しないと最後は毎日徹夜になりますから、危機感を持って休暇を過ごしているようです。大学受験まで余裕のある今基礎力重視の勉強を反復学習させてもらったおかげで小学生の時に安定していなかった成績が安定してきました。成績が拮抗しているので、気をぬくとすぐに抜かれてしまうのも良いプレッシャーです。

塾に行かなくても勉強してくれるので、公立中学プラス塾の費用と大きく変わらないかも知れません。

 

授業の進みと難易度も公立中学と大分違いそうです。特に数学と英語の難しさは親も驚いています。数学はパパ、英語は私ですが、そろそろ難しくて教えてあげられないかも知れません。

また、定期的に英検、漢検、外部模試、GTEC など各種テストを学校で実施してくれるので、学校のシステムに乗っていればある程度親は気を抜いても大丈夫そうです。

私立中学は学力にあったところに行くのがベストだと思います。ちょうど良いライバルとちょうど良い授業難易度で楽しく勉強出来れば、それが一番だと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

ヒルトングランドバケーションズでハワイ3泊無料宿泊券

冬休みの旅行で行ったヒルトン小田原ヒルトングランドバケーションズの方に声を掛けられました。アンケートに答えると抽選でハワイ旅行が当たるというのに惹かれたのですが、更にタイムシェア の説明会に出るともれなくオアフ島かハワイ島ヒルトンホテルの3泊無料宿泊券がもらえると言われました。タイムシェア にはあまり興味はなかったのですが、ハワイ宿泊券に惹かれて先日説明会に参加してきました。子どもたちが小学生になってからは数回グアムに行った程度で、ハワイ旅行なんて夢のようです。ホテル代だけでも無料ならもしかしてハワイも可能かも知れない?と淡い期待を持って参加しました。夫婦年収合算750万円以上なら誰でも参加可能だそうです。

 

タイムシェアとは別荘を複数の人と共同所有するものです。見せていただいたビデオではとんねるずの木梨さんが物件を紹介していました。普通のホテルと比べてゴージャス感は半端ないですし、ミニキッチンや洗濯乾燥機も付いています。部屋も何部屋かあり、うちのマンションより広いくらいです。部屋のランクによりますが、数百万円〜1000万円出すとこれからずっと毎年無料でここに泊まれるのねーと想像するだけで気分はセレブになれました。一度ここに宿泊したらホテルには泊まれない気がします。芸能人やお金に余裕ある方には良いシステムですね。ただ航空券や年間のメンテナンス費はかなりかかりますから、やはり庶民にはなかなか手が届かないと思いました。

 

とりあえず即決は出来ないと伝えて何とか買わずに帰り、ハワイ無料宿泊券を貰いました。予約の電話をすること10回程度、やっと折り返しの電話がありました。サピックスの夏期講習や私立中学の夏期講習、部活の合宿や大会の合間にピンポイントで予約を取ろうとしたところ、その期間は追加費用がかかるとの事。全部で800ドルの費用が発生するとの事でした。結局無料じゃないのねーとなりました。繁忙期以外なら本当に無料で泊まれるみたいです。後航空券は自分で払わないとですね。エアチャイナは安いみたいですが、乗ったことがないので不安です。いろいろ考えてハワイ旅行は無しになりそうです。悲しいですが、説明会の参加時間を無駄にしてしまいました。繁忙期以外に行ける方にはオススメです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村