rurumixのブログ

私立中学2年の息子とサピックス4年生の娘を育てるワーキングマザー。節約と投資のあれこれも。現在αクラスキープ中。

サピックス3年生1月復習テスト結果

 

私立中学に通う中学2年の息子の受験休みがあっという間に終わり、昨日から平常授業が開始しました。同じ場所で前日まで小学生が頑張って受験をしていたなんて不思議な感じがします。先生も大変ですね。受験休みを利用して海外旅行に出かけいたお友だちもいるようで、羨ましい限りです。こんな機会でもないと、安く海外旅行なんて行けないですよね。うちも娘が私立中学に入って同じ時期に休めるようになったら行ってみたいところです。

娘も受験期間で塾がお休みなので、今週は課題がないことを喜んでいましたが、明日から新4年生のサピックス開始です。通塾日と課題が週2回となり、今までの倍になるので、私も夫も中学受験経験者の息子も、娘がサピックスのペースについていけるのか?と疑ってます。仕事が終わって疲れているときに、課題やりなさい!なんて毎日怒りたくないので、そうなったらやめてもらうよ、と娘には強く伝えてあります。うちは平凡なサラリーマン家庭なので、何が何でも私立中学とは思っていません。本人がやりたいなら親も頑張って応援するよ、というスタンスで、それは成績がどうであっでも変わりない予定です。

さて、3年生最後の復習テスト結果が出ました。算数78点、国語65点でした。偏差値は2科目で54.4です。

国語は自己採点より低い結果でした。文章で答える部分の採点が甘かったようです。サピックスはこれからは受験に備えてどんどん採点を厳しくすると保護者会で聞いたので、自己採点も厳しくしないといけないようです。日能研は6年生になってから、社会の回答を漢字で答えるように言われましたが、サピックスはもう4年生からみたいですね。

本人は国語が悔しかったようで、泣いてましたが、まぁ文章の意味がちゃんと理解出来ていないと仕方ない結果です。これからは文章をきちんと理解してない時にはしっかり説明しないといけないかなと思いました。説明しても理解しない時は困ってしまうのですが…。

娘は普段の様子から見ても夫に似ていて、理系が得意そうです。文章に限らず、生活面においても人の感情の細かい部分をなかなか理解できないみたいなので、歯がゆい時があります。息子は逆に繊細すぎるくらいです。アレルギー体質も私に似ていて、私に似ているのかも…。息子は理系を志望しているのに私に似て数学が苦手だったら早めに文系にした方が良いような。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

中高一貫校入学前の春休みの過ごし方

 

東京受験が終わりましたね。繰り上げの通知を待っている方もたくさんいると思います。第一希望が叶わなかったお子さんも少しずつ前を向いて歩き出していると思います。息子の時も、とにかくそっと見守るしか出来ない事を歯がゆく思った記憶があります。自然と傷が癒えるのを待つのが一番ですね。中学入学までののんびり期間は、なるべく楽しい事をして疲れを癒すのと同時に悔しかった思いをバネに新しい勉強を少しずつ始めました。英語や読書など時間のかかる科目を中心に取り組みました。おかげさまで息子は最初の中間から学年数番以内を維持しています。

 

息子やお友だちを見ていて思ったのは、第一希望でもそうでなくても、入学後は一旦今までの勉強はリセットされて、また新しい競争が始まるのだなという事です。勉強に関して言うととにかくスタートダッシュの勝負だと思います。後から追いつく方が気楽だと子どもたちは言いますが、後から追いつかれる危機感が大切なのでしょう。ある進学校のお母さんも入学後の最初の中間テストの成績が大体6年間続くよ、と言っていました。せっかく楽しい中高一貫ライフなのに、勉強だけに追われていては楽しめませんよね。高校に進学出来ない可能性のあるお友だちも実際いるようなので、気をつけたいです。

 

まずは英語が一番大切です。少しでも先に予習しておくと大分楽です。塾の準備講座に通う方もたくさんいますね。うちは通いませんでしたが、市販の参考書を買ってなるべく先に進めておきました。後は読書をとにかくしていたようです。中学受験で苦労した国語はいつのまにか得意科目になっていました。

 

長い人生はマラソンのようなものだと思ってます。特に仕事については、頑張り過ぎると私の場合、反動が大きくて体調を崩したり、仕事を辞めたくなったりするので、ほどほどの仕事量を心がけています。特に家事や子どもの勉強を見ながら働いているとバランスは大事ですね。キャリアなんて気にしていないので、ほどほどのお給料がもらえて、楽しく働ければ満足です。でも勉強に関して言えば逃げ切りが一番楽だと思います。早期教育についても、どの程度意味があるのかなと思っていましたが、スタートダッシュをかけるという意味では大分違うのかも知れません。最初のスタートが良ければ、後は本人が自分のペースを見つけてくれると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

中学受験で第一希望が不合格でも大丈夫

 

東京受験5日目を迎えましたね。5日間戦い抜いた皆様大変お疲れ様でした。人生の中で一番長くて、辛い日々だったと思います。2年前の息子の受験の時にも5日間戦っているお友だちは意外と多くて、最後に思わぬところに合格している方もいました。私も受験前はせっかく何年も勉強してきたのだから、5日間出し切らないと勿体ないと思っていましたが、私は3日で消耗しました。体調までおかしくなり、これ以上は無理だと思いました。思った以上に体力的にも精神的にも疲れますね。特に豊島が岡や吉祥などの同じ学校の連日受験は精神的なダメージが計り知れません。毎日受験するだけでも偉いと思ってしまうのです。中学受験経験者でないとわからない心境ですよね。

 

1日の結果が出揃って、第一希望が叶わなかったお子さんもたくさんいらっしゃると思います。2年前の息子もそうでした。おちゃらけていて開けっぴろげの性格だった息子が、受験が終わって人が変わったように、落ち着いて物静かな子どもになりました。ありがたかったのは、息子は落ち着いて状況を受け止めていたことです。入学金を払っていた埼玉の付属中学と東京受験で合格した学校どちらにするか聞いた時も、即答で、東京受験中学に決めました。付属校の大学は息子の希望している工学部がなかったからです。進学先が決まっても友だちに言いたくなかったようで、私も知り合いママさんから聞かれると子どもが言いたくないと言っているので…と答えたものです。受験が終わると中学受験しないお友だちから興味本位でどこの学校?と聞かれたり、噂話が飛び交ったりしますが、センシティブな時期はそっとしておいて欲しいなぁと思いました。あの雰囲気で、地元の中学に進学するのはやはり厳しかったと思います。

 

入学式も淡々と終わり、入学してしばらくするとお友だちの受験体験談が少しずつ伝わってきました。第一希望で入学したお友だちもいますが、半分くらいは最難関残念組だったと分かり、ホッとしました。学校がしっかり勉強をさせてくれているお陰で、中学受験では安定しなかった成績が安定するようになり、ライバルの存在を意識しながら楽しく勉強しています。過去数回の校外模試では、難関医学部レベルという成績でした。中学受験の時より大分偏差値が上がっています。お友だちのあいだでも、高校リベンジの話も最近はあまり出なくなり、大学受験にフォーカスして勉強しているお友だちもいます。息子も大学受験では中学受験で叶わなかった憧れ付属校ではなく、その上を目指しているようです。中学受験を経験したおかげで、楽しくて充実した今があるのだと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

娘の受験校選び(1)自由な学校と面倒見の良い学校

 

今日は東京受験4日目ですね。良い結果、悪い結果いろいろと出始めて一番センシティブな時期ですね。まだまだ受験を続けているお子さんもたくさんいると思います。体力的にも精神的にも辛い中で戦い続ける気持ちを持ち続けるのは、本当に偉いなぁと思います。きっとこの経験で強くなって、あの時の自分は頑張ったなと一生の思い出せるほどの経験になると思います。息子の一度受験を経験した今、その大変さが良く分かるので、頑張っている方のお話を聞くだけで涙が出てしまうほどです。あと少しなので、とにかく後悔のないようにしてもらいたいです。

 

娘も今週から新4年生です。また1年受験イヤーが近づいた気分です。そろそろ学園祭も始まるので、どの辺を見学しておこうか考え始めています。受験校は最終的には娘が決めることですが、娘の学校に求める基本姿勢を親が決めてあげないと本人も混乱すると思うので、少しずつ考え始めています。息子の時よりは早めに準備をしているので、成績の上下も少なく、学校が絞りやすいのはありがたいです。

 

まず一番気になるのは学業面です。付属校であればあまり気にならないですが、進学校ならやはりしっかり学業のフォローをしてくれる学校が私は好きです。周りの話しを聞いていると、特に偏差値の高い自由な学校は学業面でのフォローがもう少しあっても良いかなという気がします。優秀なお子さんが多ければ刺激を受けて自発的に勉強する場合もあるかもしれませんが、うちの子はどうでしょう…。ちゃんと宿題として出されないとやらないと思います。また、親が入学後もしっかりアンテナを立てて、定期的に模試を受けさせたりする努力も必要なのかなと思います。学校の成績も学校側が順位を出してくれないと自分の子がどの程度の位置にいるのか全くわからないようなので、自分で調べる努力が必要みたいです。模試を受けさせたくても、子が従ってくれるとも限らないので、うちの場合は厳しそうです。自由な学校が人気が出ている中で変わっていると思われるかも知れませんが、やはり親の好みは面倒見の良い学校です。

 

御三家などの伝統校も気になりますが、私は個人的には新しいことを取り入れている学校が好きです。やはり伝統校の方が知られているし、伝統校に合格したら特におじいちゃんやおばあちゃんに喜ばれるのかも知れませんが、私は伝統行事のために大変な思いをするのが苦手です。自分の高校時代も伝統で苦労しましたので、子どもには勉強と好きな事に打ち込んでもらいたいと思います。

 

こんな視点で学校探しを開始しますが、親子が納得する希望の学校は果たして見つかるのでしょうか…。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

わたしの周りにいるお金持ちの特徴

 

職場の知り合い、近所の知り合い、学校の知り合い、いろいろといると思いますが、この人はお金持ちだなと思う人はいると思います。そのような中でも、話をよく聞いていると、ああ、この人は実家がお金持ちなんだ、とか、職業が開業医だったり、外資金融機関でシニアなポジションで働いていたりして、職業柄お金持ちなんだ、など、思いあたるふしはあると思います。特に、代々のお金がある方はやはり別格ですよね。一代では到底追いつくことは不可能です。後は、私は外資金融で長く働いてきたので、お給料が平凡なサラリーマンとはけた違いの方々をたくさん見てきました。そのような方を真似したり、比較しても自分の節約ライフの参考にならないにはわかってます。ただ、一時的にお給料が高い方たちは失業したときに痛手が深いなと感じます。リーマンショック時はそのような人をたくさん見てきました。普段使うお金が多いため、それはそれで大変そうです。

とりあえず、普通のサラリーマンでも、お金をもっていそうな人がいると私は積極的にお金の話を振ってみたりします。そのような方には大体同じような特徴があるように感じます。

まずは、節約体質なのは共通しているようです。知り合いは、夫婦でそれぞれ1千万円以上稼ぐご家庭ですが、どんな小さな家電を買う時も、必ず店頭価格、ネットの最安値、いろいろと比較検討して買っています。また、あるご家庭では、ティッシュを使わずに、ぼろきれをたくさん切って用意しているそうです。

ちなみにうちは平凡なサラリーマン家庭ですが、共働きをしているのと、もともと夫は家でゲームしていれば幸せな節約体質なので、結婚して2年目の26歳のころ都心にマンションを買いました。その時は頭金800万円出しました。子どもが生まれる前はとりあえずがまんすることでお金が貯まりますよね。そのあと、子どもの小学校入学に合わせて、郊外に家を買い、夫の両親が近くに住む家にもお金を出しました。売却したマンションのローンはほぼ払い終わっていたので、売却したお金を全額夫両親の住む家の費用にしました。その不動産資産以上の金融資産もあるので、今のところは平均的なサラリーマンよりは貯蓄があるほうかもしれません。

後、お金を持っている方は、株や投資信託をやっている人がほとんどです。ただ、私が感じるのは、一部のラッキーな人を除いて、株や投資信託の利益が大きく貯金の足しになっているほどではないということです。経済のサイクルは上下しますから、良い時もあれば悪い時もあるのは私に限ったことではないようで、会社でも損失でてるよーなんて話もします。株だと損失が大きすぎて、下がったときに、続けている気力がなくなります。その意味で、やはり株ではなく、つみたてNISAやiDeCoなどの投資信託が安心です。他には、以前記事にしたような貯蓄型保険をしている人もいます。

 

www.rurumi.site

 

また、基本的に情報に対するアンテナが高い人が多いと思います。Pay Pay祭りのようなお得なキャンペーン情報を早めに聞いて、すぐに始めるフットワークの軽い人はさすがだなと思います。用はお金がある方は基本はお金に関心が高いのでしょうね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

 

2年前の息子の受験と親の仕事のやりくり

 

今日は東京受験2日目ですね。2年前の息子は3校目を受験していました。午前受験だけだったのでだいぶ気楽だったような気がします。朝は夫が息子を送り、そのまま1日目の受験校の合格発表に行き、不合格を確認した足で、埼玉の1月校に入学金を支払いに行きました。私は東京受験の期間は3日間仕事をお休みさせてもらいました。もともとは自宅勤務予定でしたが、職場の先輩パパさんたちに東京受験中に仕事は無理だよと言われて、お休みにしました。やはりお休みにしないととても無理だったと思います。中学受験を経験したパパさんばかりの職場でありがたかったです。夫も結局1日目は全休、2日目は午前休、3日目は午後休を取りました。

実は受験生を抱えながら、私は受験の半年ほど前に転職をしたのでした。私の転職の話はまた別の記事で書きたいと思っていますが、今の職場は知り合いにお誘いいただきました。前の職場は従業員がほとんど外国人という外国そのもののような会社でした。人事系の仕事をしていたので、特に月初はお給料の計算に必要なタイムシートを集めて処理をするため絶対に休んではいけない日でした。おそらく給料計算に関わる仕事をしている方は同じような境遇の方がほとんどなのだと思います。とはいえその会社にはだいぶ馴染んでいたので、知り合いのお誘いとはいえ、最初はあまり転職をする予定はなかったのですが、上司になる方が温和で、私が受験生を抱えていることなどを理解してくださっている様子に惹かれて思い切って転職をしました。転職も入社してみないと本当の姿は見えないので、なんとも言えないですが、私の場合は結果としては正解でした。転職して直後は慣れない環境で体調を崩して大変でしたが、2月の上旬に子どもをサポートできる体制にできたことはありがたかったです。

2年たった今、夫は息子の受験当時よりももっと忙しくなっています。もともと平日深夜まで働いていたのは普通でしたが、最近は土日も終わらない仕事を片付けに会社に行っています。娘が受験をする3年後に夫も私もどんな仕事をしているか分かりませんが、やはり私が仕事を調整して受験生をサポートできる体制でないと難しいのだろうと思います。そうなるとなかなか責任のあるお仕事を受けることはできないです。そして責任の少ない仕事に慣れてしまうと、責任のある仕事にはもう戻れないような気もしています(汗)受験を支えるお金も必要ですし、塾や模試、受験校までの送り迎えなどの物理的なサポートも必要ですし、親としては悩ましいところです。

ところで今の中学受験の学校選びにとても参考になる記事を読みました。渋渋の人気の理由がやっとわかりました。うちの子たちは校庭の広い学校が好みなので、まだ見学したことはありませんが、私的には一度見に行ってみたいと思っています。

コギャル代表からスーパー進学校に お嬢様学校がピンチ 変貌した中学受験の平成勢力図 (3/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

サピックス3年生 1月復習テスト自己採点

 

今日は2月1日ですね。息子の受験から2年も経ちますが、何年経ってもこの日は特別な日です。今朝起きて最初に夫と話した会話が雪が降らず天気が良くて良かったというものでした。受験生のみなさん、とにかく無事に受験が終わりますように、そして、納得の行く戦いができますように祈っています。この戦いもあと数日で終わりますから、目の前の一戦に集中してもらいたいと思います。そして終わったら思いっきり楽しいことをしてもらいたいですね。親はしばらくは骨休めが必要ですね。

ちなみに、息子の受験の時、私は2月2日から朝起きた時に腕がしびれるようになりました。いろいろと調べてリウマチかもしれない、と思い、リウマチの検査をしましたが、結果は陰性でした。それでもリウマチのような症状はしばらく続きました。きっと極度のストレスで自律神経のバランスが崩れたのだと思います。次回の娘の受験の時には、意識してリラックスを心がけようと思っています。

さて、娘の3年生最後の確認テストが終わりました。終わった後答えはあるの?と聞いたら「ない!」と言い切る娘。全部回収されたといっていました。その後、採点前回答がアップされていたので、本当に回答はないの?ともう一度聞いたところ、「あるよ…」と。私も仕事でばたばたしていたので、昨日やっと自己採点しました。本人の反応からまあ今回はよくなかったのだろうと思いましたが、思ったとおりでした。テスト前日に復習したたかめきちの文章を本人がいまいち理解していないな、と思っていたので、それが出題されていて、本人もできが悪かったとわかっていたようです。算数も大門1で凡ミスを二つしていました。

ものすごく適当な自己採点ですが、国語72点、算数71点くらいです。

これがクラス昇降のあるテストだったら、αは無理でしたね。でも、まあそれも実力なので良いでしょう。一度でもαにいければそれで娘の願いは叶ったようなので、本人はあまり気にしていないみたいでした。

息子を見ていると、本人の学力にあった学校でちょうどよいライバルと切磋琢磨しながら楽しい生活を送れることが、本人にとって一番幸せな中学受験の終わり方なのかなぁと思います。娘もテストではがんばるけれど、結果はあまり気にしていないようですし、親にとっても結果の良い、悪いは基本的にどっちでもよいかなと思っています。本人が後悔のない受験生活を送って、実力にあった学校に入れれば、とりあえずはハッピーと思ってます。でもテストの振り返りはしっかりやらせたいです。やるかな…。ちなみに息子は中学受験で学校がお休みなので、まったりしてるかと思いきや、宿題に追われております。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村