rurumixのブログ

私立中学2年の息子とサピックス新4年生の娘を育てるワーキングマザー。節約と投資のあれこれも。

超アレルギー体質で病弱な我が家が健康に⁉この冬誰も風邪を引いていない理由

スポンサーリンク

うちは親も子も全員アレルギー体質です。息子は一番ひどく、生まれた時からアトピー皮膚炎、食物アレルギーによる食事制限、喘息や花粉症などなど数え上げたらきりがないほど様々なアレルギー症状に悩まされてきました。

息子が赤ちゃんのときはとにかく湿疹がひどく、アレルギーで粉ミルクも飲めないので完全母乳でしたが、私もアレルギー体質で食べ物によってはすぐに乳腺炎になってしまうので、桶谷母乳相談室にはずいぶんお世話になりました。その桶谷母乳相談室で湿疹の相談をしたところ、蜜蝋クリームを処方していただける病院を紹介いただき、酷いアトピー皮膚炎を治していただきました。そちらの病院は本当に症状のひどい患者さんが日本中のみならず、日本以外からも来ていて、皆さん藁にもすがる思いで通っている様子でした。湿疹のひどい美容師さんも通っているそうです。その病院には本当に救われました。おじいちゃん先生でしたが、まだ続けていらっしゃるでしょうか。

小学生になると今度は息子は喘息とひどい花粉症を発症しました。息子だけでなく、うちの家族は全員花粉症があり、花粉のよく飛ぶ春と秋は家族全員、常にアレルギーの薬を飲みっぱなしです。花粉やアレルギー物質に接することで、喘息も発症するので、毎年春と秋は喘息警戒体制です。そして、喘息が起きると、呼吸器官も荒れるので、風邪にもかかりやすく、いつも誰かが風邪を引いている時もあります。

そんな我が家ですが、この冬は誰も風邪を引いていません。今は花粉の季節ですが、まだ息子も私も喘息を発症していません(病院でもらうアレルギーを抑える薬は飲んでいます)考えてみると、昨年の秋も花粉症と喘息の発作が起きませんでした。先日昨年分の確定申告書を作ったのですが、子供が生まれて初めて医療費控除がなかったという快挙が起きました。

何が一番良かったのかと聞かれたら、以下のような点だと思います。

1.布団の掃除機掛けをこまめにして、ダニ除けを徹底

秋は一番ダニが発生しやすいので、毎日布団の掃除機掛けとダニ除けスプレーをしていました。そのおかげか、昨年の秋はアレルギーの薬を飲まなくても喘息を起こすことがありませんでした。昨年は梅雨がほとんどなかったので、蚊も少なかったですよね。もしかしたら、ダニの発生も少なかったのかもしれません。

2.お風呂のカビ取りを徹底

毎週末、カビキラーをお風呂の壁や天井、あらゆるところにかけて、カビの発生を予防しています。今までは頻繁にやっていないかったので、意外とカビの胞子を吸い込んでいたのかもしれません。

3.緑茶のパウダー入りぬるま湯を持ち歩く

熱いものはやけどの原因と咽頭がんの原因になりそうで怖いので、温めのお湯と緑茶パウダーを入れた水筒を持ち歩いています。カフェインが気になるので、ノンカフェインです。私は近くのスーパーで買っています。

【楽天市場】おいしいカフェインレス深蒸し茶(40g):爽快ドラッグ

4.プラズマクラスターの空気清浄機

プラズマクラスターが意外と効いている、と知り合いに聞き、古くなっていたプラズマクラスター空気清浄機を新しいものに替えました。楽天カードを作ってもらったポイントで最初に1台買い、アマゾンセールでだいぶ安くなっていた時にもう1台買いました。寝室に置いています。最近アマゾンセールで良くプラズマクラスターの空気清浄機が出ているので、安い時にぜひ買いたいところですね。今日ちょうど特選タイムセールに出ていましたので、興味ある方はタイムセール会場をチェックしてみてくださいね。