rurumixのブログ

私立中学2年の息子とサピックス4年生の娘を育てるワーキングマザー。節約と投資のあれこれも。現在αクラスキープ中。

続くマンション騒音問題〜最終的な解決は引越しだけ?

スポンサーリンク

 

www.rurumi.site

 

 

www.rurumi.site

 

以前このような記事を書きましたが、更に続きです。とりあえず上階のご主人の体調は順調に回復しているようで、治療食用調理器具の使用は減っています。指摘させていただいた家具の対策はしていないです。話し合いの後、騒音は一時期良くなったのですが、また元に戻ってしまうようです。電車の中で隣の人が眠って寄りかかるのと似た感じですね。本人は意識なく気持ちよく寝ていて、こちらが重たくて動くと元に戻るけれど、また寄りかかってくるような…。

不思議というか一番迷惑なのは、騒音の時間帯があまりにランダムで、夜中だったり、明け方だったりすることです。時々朝6時くらいに共有廊下を大きな音で歩いた後帰宅したり(うるさくて目がさめるくらいの足音です)逆に朝早く6時頃バタバタと出かけて行ったり、そうかと思えば夜中にガタガタ家事のような音がして、次の朝は静かだったり。ご家族が健康を害される前は、時々夜中にノコギリや掃除機の音がしたり、多少非常識?と思うことはありましたが、一応、規則的な生活はしてました。奥様が夜中の仕事でもしているのかしら…小さな赤ちゃんもいるのに、大変だなぁとは思います。家族が一人病気にかかるとここまで生活が変わってしまうのだな、と思います。健康は大切ですね。このような時のために保険も大事です。ちなみに、うちは住宅ローンに4大疾病保険付けているのと、ガン保険、貯蓄型生命保険に入っています。貯蓄型生命保険は、年間65万円くらいの支払いですが、何もなければ60歳以降で全額以上戻ります。

引越しを理由に順番に行う管理組合の理事を断っているそうですが、彼らが引越しする気配はないので、ある程度こちらもあきらめて、娘の中学受験が終わったら、うちが引越しするつもりでいます。ご近所トラブルで引越しって時々あるみたいで、知り合いママから聞いたことあります。前に住んでいた都心のマンションでは、ある部屋の上下左右が一度に売り出されていたことがありました。

とりあえず、耳栓は効果がないので、イヤホンで音楽を聴きながらアイマスクでもしてリラックスして寝るのが良さそうです。